大忠株式会社について

| 大忠株式会社について |

ごあいさつ

大忠株式会社は、大正15年(1926年)から創業を開始した、徳島市中央卸売市場で鮮魚、冷凍魚、塩干物等を取り扱う、100年近くの歴史を持つ仲卸業者です。

長い歴史の中で培った目利き能力やノウハウを活かし、鮮魚、冷凍魚、塩干等を扱う総合仲卸業として事業を拡大した現在、魚のプロフェッショナルという自信の元、皆様にご愛顧いただく存在となりました。

今後もより新鮮で安心、安全な海の幸をご提供してまいります。

代表取締役 上野伸介

大忠の仲卸業者としての強み

仲卸業者とは、卸売業者から「せり」によって大量に商品を仕入れ、それを小売店や飲食業者に届けるための橋渡しのような存在です。せりは買い手である仲卸業者をはじめ、売買参加者の小売り業者などが品物に値段をつけ合い、最も高い値段を付けた人に売り渡されるという、いわば競争のシステム。掛け声が飛び交う光景をテレビなどでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。このせりの競争に参加する仲卸業者には、経験とテクニック、駆け引きのノウハウが必要となります。

そして、このせりで大量に商品を仕入れた仲卸業者は、市場内にある店舗などで仕分け、陳列を行い、スーパーや鮮魚店、レストラン、寿司店、料理仕出し店などの各種飲食店、さらにはホテル、病院や工場、給食会社などの買い手へ供給します。さらに大忠では、市場内に専用の加工場を設け、お客様のニーズに沿った加工処理をしています。

こうして、スーパーの鮮魚コーナーに並んだり、飲食店で調理されたりした海の幸が、皆様の元へ届けられます。

タイトルとURLをコピーしました